Bose QuietComfort Earbuds 発売!レビュー・感想情報

未分類

ボーズ初のANC搭載完全ワイヤレスイヤホン「QuietComfort Earbuds」発売!

ボーズによる完全ワイヤレスイヤホン「QuietComfort Earbuds」が10月15日に発売されました。実売価格は税込み3.3万円程度です。「SoundSport Free wireless headphones」(2017年)の後継機となる、アクティブノイズキャンセリング機能搭載機です。

今やアクティブノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンと言えば、アップルの「AirPods Pro」が知名度面でも売り上げ面でも市場をリード。その後を高い技術力を誇るソニーが「WF-1000XM3」で追っているという構図。

発売前から騒音低減性能の高さに注目

しかし、本来、アクティブノイズキャンセリング機能は、ボーズが開発した技術であり、ヘッドホン、イヤホンのいずれにおいても、この機能の性能においては常にボーズが市場ナンバーワンの存在と言われ続けていました。

ただ、「SoundSport Free wireless headphones」にはアクティブノイズキャンセリング機能が搭載されておらず、その後3年間にわたり、ボーズのアクティブノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンが市場で切望されながら、今日まで発売されていなかったという経緯があります。

おそらく、ボーズとしては、出すのであれば、半端なものは出せない、出す以上はこれまでのように製品ジャンル内での業界1位と言われるような高性能が必要だと判断していたのでしょう。

そして、満を持して「QuietComfort Earbuds」が発売されたものと確信されます。

「QuietComfort Earbuds」は発売の少し前から店頭に試聴機が並びはじめ、一部の人には発売前のモニターも届いていました。そのレビューや感想からも、「QuietComfort Earbuds」の騒音低減性能の高さを高く評価するものが多くありました。

発売後の購入ユーザーによるレビュー・感想の傾向

ついに、発売日を迎えると幅広いユーザーの手元に届きはじめ、ツイッターなどにレビューや感想が上がり始めました。その内容もやはり、騒音低減性能の高さを高く評価するものが中心です。

音質についてはもともとボーズはフラット志向ではなく、低音を強めに、音楽を楽しく聴かせるチューニングになっています。本機でもそれを踏襲している印象です。

「SoundSport Free wireless headphones」では本体が大きかったこともあり、装着感に難を思う人もいたようですが、今回は装着感が良好という感想も目立ちます。改善は明らかなようです。

不満点として、本体で操作できる内容が少ない、マルチポイント非対応、充電ケースが大きいなどが見られます。このうちマルチポイント非対応については、大手メーカー製で対応しているのはJabraくらいなので弱点にはあまりならないでしょう。

他の有力機との比較では

他の有力機との比較ではやはり、アップルの「AirPods Pro」、ソニーの「WF-1000XM3」が比較対象に挙がりやすいです。どちらも騒音低減性能が強力ですが、「QuietComfort Earbuds」は少なくともその2機種とは同等以上、凌駕しているという感想が多いようです。

一方、3万円クラスのアクティブノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンということでは、ゼンハイザーの「MOMENTUM True Wireless 2」と比較する向きもあります。「MOMENTUM True Wireless 2」はもともと騒音低減は弱いものの、音楽再生時の音質には定評があります。この場合、音質だけを見ると「MOMENTUM True Wireless 2」のほうがよい、という印象です。

ツイッターでの「QuietComfort Earbuds」の感想・レビューを紹介!

「QuietComfort Earbuds」の全般的な感想

「AirPods Pro」との比較

SONY 「WF-1000XM3」との比較

「MOMENTUM True Wireless 2」との比較

「QuietComfort Earbuds」のレビュー・感想情報

アマゾン
https://amzn.to/346n4Wh

価格コム
https://review.kakaku.com/review/J0000033810/#tab

コメント

タイトルとURLをコピーしました