final ZE3000 レビュー・音質情報など

イヤホン

final ZE3000 ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン

finalは、自社ブランドfinalの完全ワイヤレスイヤホン「ZE3000」を12月17日に発売。カラーはBLACK、WHITE。オープン価格で税込みの実売価格は15,800円程度。

finalブランド初の完全ワイヤレスイヤホン。これまでagブランドイヤホンの音質監修などは手掛けてきたfinalですが、finalブランドでの完全ワイヤレスは初(エヴァンゲリオンとのコラボモデルがありましたが、agブランドモデルがベースの限定品。finalから発売が前提の通常モデルとしては初)。

有線イヤホン既存モデル「E3000」を完全ワイヤレス化するというコンセプト

finalの有線イヤホン既存モデル「E3000」を完全ワイヤレス化するというコンセプトで開発。E3000同様、強調された帯域を作らない自然な音作りを目指しています。音質的にはE3000を超えることも目指しているとしており、本機独自の高音質設計などの工夫を凝らしています。

独自の高音質設計

ZE3000では、筐体内部の音響空間の圧力を最適化し、筐体外部へのベント無しで有線イヤホンと同等の音作りを可能にするという「f-LINK(エフリンク)ダンピング機構」を新たに開発。防水性能と低域の適切な音作りの両立を図っています。

ユニットも歪みを大幅に低減するために、製造方法から全てを見直し、超低歪を実現した新設計のドライバーユニット「f-Core for Wireless」を開発。6mm径のダイナミック型として搭載しています。ドーム型振動板は剛性の高い樹脂を、それを固定するためのエッジには柔らかい素材を使っています。

Bluetooth 5.2に対応。再生周波数帯域は20Hz~20KHz。

aptX AdaptiveとIPX4防水対応

対応コーデックはSBC、AAC、aptX、aptX Adaptive(最大24bit/48kHz対応の模様)。プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。連続音楽再生時間は最大7時間で、充電ケース込みでは最大35時間。イヤーピースは5サイズ(SS/S/M/L/LL)が付属。IPX4の生活防水に対応。

完全ワイヤレスイヤホンに求められる性能として、防水性能がありますが、finalでは有線モデルのE3000にはなかった防水機能をZE3000には搭載しています。イヤホンで防水性能を高めようとするとどうしても音質には悪影響となるため、その点をクリアするのが大変だったものの、結果的に防水性能と音質を両立できたとしています。

なお、同日に発売される音質重視タイプの完全ワイヤレスイヤホン、Noble AudioのFokus Proは防水には非対応です。

レビュー・感想から読み取れる傾向

購入者などの音質評価を見ると、定評あるE3000の音質をしっかりと継承している印象です。有線イヤホンの名機の音質をワイヤレスでも実現、という触れ込みのモデルとしては、たとえばフィリップスのSHE9700BTがありますが、そちらはベースモデルとはかなり異なるという感想も多い印象のなのとは対照的です。

つまりは「強調された帯域を作らない自然な音作り」であり、いわゆるドンシャリや重低音志向とは一線を画したナチュラル志向のサウンドと言えそうです。

aptX Adaptiveコーデックにて、ハイレゾ相当伝送に対応しており、本機の実力を引き出すにはやはりaptX Adaptive送信対応機(スマホなど)との組み合わせが良さそうです。

final ZE3000 レビュー・感想(ツイッターから)

コメント

タイトルとURLをコピーしました