Noble Audio FoKus H-ANC レビュー・音質情報

イヤホン

Noble Audio FoKus H-ANC ANC搭載TWSイヤホン

エミライは、Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホンアクティブノイズキャンセリングを搭載した「FoKus H-ANC」を2022年9月20日に発売しました。オープン価格で税込みの実売予想価格は36,000円前後。カラーはブルーとパープルの2色ラインナップ。

FoKus PROとは異なり、アクティブノイズキャンセリングを搭載

FoKus PROに続く音質重視設計の完全ワイヤレスイヤホン「FoKusシリーズ」第2弾が、FoKus H-ANC。

FoKus PROとは異なり、アクティブノイズキャンセリングを搭載。利便性と音質を両方追求したモデルとなっています。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、最大-40dBのノイズを抑制。左右3個、計6個のKnowles製フィードフォワード/フィードバック用マイクを組み合わせたハイブリッド方式のANC。周囲の音を自然に取り込める外音取込機能も搭載。Knowles製MEMSマイクにより、通話にも対応。

Noble Audioのジョン・モールトン博士が、音楽鑑賞をさらなる感動体験へと変えるべく音質チューニングを施したとしています。

1BA+1DDのハイブリッド構成

ユニットは、Knowlesの新しいRANバランスド・アーマチュア・ドライバーと、チタン・メンブレン複合素材を採用した10mm大口径ダイナミック・ドライバーのハイブリッド構成。イヤホン本体はIPX5防水。

対応コーデックはSBC、AAC

BluetoothはVersion5.2、マルチペアリング対応。プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFP。対応コーデックはSBC、AAC。

本体操作はタッチ式

本体操作はタッチ式(アプリでカスタマイズ可能)

1タップ 再生/停止
2タップ 右 音量増、左 音量減
3タップ 右 曲送り、左 曲戻し
長押し 右 音声コントロール
長押し 左 ANCモード切替

専用アプリを用意。「パーソナルモード」も特徴

FoKus専用アプリを用意。ユーザーの好みに操作をカスタマイズ可能。そのほか、各帯域の聴力を測定して、個々のユーザーに最適なリスニング体験をもたらすという「パーソナルモード」も備えています。

連続再生時間は約13時間(NC OFF時/NC ON時は約8.5時間)。充電ケースでイヤフォン本体の2.5回分の充電が可能で、合計約45時間分の再生が可能。

Noble Audio FoKus H-ANC レビューサイト情報

FoKus H-ANC 専門店スタッフレビュー / e☆イヤホン
イヤホン・ヘッドホンの専門店e☆イヤホンのスタッフによる製品レビュー
Noble AudioのANC搭載完全ワイヤレス「FoKus H-ANC」を「FoKus PRO」と比べてみた - 価格.comマガジン
Noble AudioのANC搭載完全ワイヤレスイヤホン「FoKus H-ANC」の実力は? FoKusシリーズ1作目の「FoKus PRO」と比較しながら音質をチェックしてみました。
Noble Audio FoKus H-ANC NOB-FOKUSHANC-B [Blue] レビュー評価・評判
■最安価格(税込):34,830円 ■店頭参考価格帯:36,670円〜36,670円 ■価格.com売れ筋ランキング:377位 ■満足度レビュー:4.36(6人) ■クチコミ:4件 (※11月21日時点)
Noble Audio FoKus H-ANC レビュー|ついに発売!2022年大本命の音質特化型ノイキャンイヤホン | カジェログ
高級イヤホンブランド「Noble Audio」から、2022年の大本命がきましたよ! それが今回紹介する「FoKus H-ANC」です! 昨年音質超特化型の完全ワイヤレスイヤホンとして「FoKus PRO」が話題になりましたが、今回は同じF

Noble Audio FoKus H-ANC レビュー(ツイッターから)

Noble Audio FoKus H-ANC 各種レビューから読み取れる傾向

購入者などのレビューを見ると、この価格でANCも搭載していることを考えると、相当に音楽再生の品位は高いようです。この価格で音質重視設計ながら、LDACかaptX Adaptiveといったハイレゾコーデックに対応していないことは仕様的には残念なところですが、既存のコーデックでの再生でも十分に満足できるという感想も少なくありません。なお、ANCを搭載していない既存機「FoKus Pro」はaptX Adaptiveに対応しています。

音質傾向としてはややドンシャリ傾向で聴き応えのあるタイプのようです。個々のユーザーに音質を最適化できる「パーソナルモード」も効果的なようです。

ANCについては、絶対的な消音効果はソニーのような大手には敵わないようですが、ANCのオンとオフ時での音質差がかなり小さいようで、このあたりの音質差の違和感が気になる向きには注目かもしれません。

装着性については設計がうまいようで良好なようです。これは大手メーカーに対しても優位性があるほどのようです。

音質、ANCともになかなか優れているようですが、既存のNoble Audioの完全ワイヤレスイヤホン同様、操作性や操作への反応、ワイヤレス充電非対応など、使い勝手全般に、大手メーカーとは異なる完成度の低さがあるようです。とくにANCのモード切替がANC、ANCオフ、ヒアスルー、ANC(風切り軽減)と順番に押していくしかないため、ワンプッシュでヒアスルーモードにできないのは気になる点でしょう。

このあたりのことも分かったうえで、Noble Audioの音質重視設計を理解できるユーザーが購入するのが良さそうです。

総じて、ハイレゾコーデックに対応していないことも考えると、iPhoneユーザーに適したAACコーデック対応の高音質機と言えるような感じです。aptX Adaptive対応がNoble Audioで欲しいなら既存機「FoKus Pro」のほうがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました