QoA adonis May’nさんが協力したイヤホン! 特徴・レビュー・感想情報も

イヤホン

QoA(Queen of Audio)ブランドの2BA+1DDイヤホン「Adonis」

QoA(Queen of Audio)ブランドから、2BA+1DDの3ドライバー構成のハイブリッド型イヤホン「Adonis」が12月14日に発売されました。価格は19,980円(税抜)。

歌手のMay’nさんの意見を採り入れたのが大きな特徴

歌手のMay’nさんの意見も採り入れながら音質チューニングをするなどしたというのが大きな特徴。

イヤホンとしての内容

使用しているユニットは、Knowles社製のBAドライバー1基と、QoAがカスタマイズしたBAドライバー1基、QoA独自開発の10mm径ダイナミックドライバー1基という3ドライバーのハイブリッド構成。

付属ケーブルは8芯5NグレードOFC+シルバープレーティングのAdonis専用の高グレードケーブルを用意。2pin端子でのリケーブルに対応。プレーヤー側との接続端子は3.5mmストレートプラグ。

日本版Adonisには、MFi認証されたLightning変換アダプタも同梱しているのも特徴。iPhoneをはじめとするアップルデバイスとLightning端子直結で使えます。

Adonis専用に作られたブルーのイヤーチップと、ノーマルイヤーチップの他、Mサイズのみのフォームイヤーチップも付属。ブルーのレザー調イヤホンケースも付属。

音質・デザインにMay’nさんの意見を反映

最初でも触れたように製品アンバサダーに歌手のMay’nさんを起用しているのが特徴。開発初期段階から、音のチューニングもMay’nさんの意見を採り入れながら調整し、低音域がしっかりと聴こえる(ベースラインが心地よく聴こえる)チューニングにしたとしています。

デザインもMay’nさんが好きな「青」をベースに、現在のQoAのデザイン技術を結集したという独創的なもの。フェイスプレートはUVレジン、シェル部分は木製という異素材のハイブリッドで、木製シェルによる不要な共振を防ぎながら、温かみのある音を作り音響上での効果も狙っているとしています。

命名の由来は、ギリシャ神話でアフロディーテが恋に落ちたとされる美青年とのことで、このあたりから察するにも女性向けも意識しているのでしょう。

積極的な内容のコラボ製品ということもあり、評判は良好

音楽アーティストとのコラボモデルは昨今かなり増えていますが、たいていは音質チューニングに既存モデルを多少色やデザインを変えた程度のモデルが多いのですが、本機はそれらよりも力の入った製品のように見えます。

特にオリジナル性の高い木を使用したファイスプレートや筐体のカラーリング、デザインは特筆できそうです。

Knowles社製のBAドライバーも含めた高品位なユニットを3つ使いながら、高額すぎない価格に収まっているとも思います。MFi認証されたLightning変換アダプタの同梱も、購入ユーザー層を考慮すると実用的。

発売直後からツイッターを中心に購入者の感想・レビューは多数上がっており、いずれも好意的なものがほとんどです。音への満足度の高さだけでなく、見た目やモノとしての質感の良さや、好みに合ったという意見も多く、このモデルに関しては見た目の評価がしっかりと高いような印象です。購入ユーザーもメーカーの狙い通り、イヤホン愛好家に多い男性だけでなく、女性も結構いるように思われます(イヤホン+QoA)。

QoA adonis 購入者の感想・レビュー(ツイッター)

コメント

タイトルとURLをコピーしました