DUNU ZEN 禅 音質レビュー・感想情報など

中華イヤホン

DUNUのダイナミック型イヤホン「ZEN(禅)」

サウンドアースは、同社が取り扱う台湾・DUNUのイヤホン「ZEN(禅)」を2月下旬に発売しました。オープン価格で、税込8万円前後での実売が予想されます。

DUNU ZENの内容・特徴

ダイナミック型1機構成のカナル型イヤホン。独自のドライバー技術を進化させた「ECLIPSE」を採用しているのが特徴。

振動板にはW字型構造のMg-Al合金ドームを採用し、ナノポーラスアモルファスカーボンコーティング(ナノDLC)を施してたものを採用。また、振動板の周囲には高分子エラストマーを使用した完全独立型のサスペンションを搭載。外周には制振スタビライザーリングを採用。ドライバーのマグネットには、1.8テスラの高磁力カスタム・ネオジム磁石を採用。

筐体素材はS316ステンレススチールで、内部は特許取得済みのACISシステムで空気圧を調整しているとしています。

付属ケーブルは1.2メートルの8コア高純度単結晶銀メッキ銅リッツ線。プレーヤー側プラグはモジュラープラグシステムを採用。標準の付属品で4.4mm バランス/3.5 mm シングル/2.5mm バランスの付け替えに対応できます。

再生周波数帯域は5Hz – 40kHz、感度は112±1dB、インピーダンスは16Ω、全高調波歪みは0.2%@1kHz。

10万円未満の高品位イヤホンとして注目

ダイナミック型1基のシンプルな構成で高音質を狙う高級イヤホンがここにきて増えているような印象です。本機の場合、いわゆる高級イヤホンの1つの区切りと言える10万円以上ではなく、それ以下という高級イヤホンというにはミドルレンジ的な価格で勝負をかけてきているようなモデル。

DUNUにはより上位で20万円クラスのLUNAがあり、純ベリリウム振動板採用の話題性とその音質により高く評価されています。その下位に実力機を置くことで10万円未満程度のゾーンでもブランドの存在感を増そうということでしょうか。

なかなか10万円未満ではいろいろと素材や設計に工夫を凝らしても、ユーザーの側の評価として、何らかの音質面での弱点を指摘されることがあり、なかなか万能型的なモデルとはなりにくい印象です。

購入者のレビュー・感想から見える音質的傾向など

本機の場合も、国内発売後の購入者のレビューや、海外から先に購入していた方たちの感想などを見ると、高音が弱めというか、音の輪郭がぼやけ気味という方向の感想が複数見られます。ただ、高級イヤホンというと全体的に音の情報量を高め、音のクリアさも追求し、音の輪郭もはっきりさせようとする傾向がおしなべてあるので、あえてそうした傾向へのアンチテーゼ的な設計を施した可能性もあります。

いわゆるハイファイ志向のサウンドとは異なりますが、聴き疲れしにくそうな傾向であり、リラックスして音楽を聴きたい向きには適しているかもしれません

スペック的には申し分なくワイドレンジで、アンプにも負担を掛けなそうな点もポイントでしょう。

なお、予想どおりモデル名に含まれる「禅」は日本の禅宗から取ったものです。どのように関連があるのかはよくわかりません。欧米では日本的なイメージの象徴としてよく使われる概念ですが…。

DUNU ZENのレビュー・感想(ツイッターから)

DUNU ZENのレビュー・感想を含んだ2chまとめ

DUNU ZEN 独自D型ドライバー技術「ECLIPSE」採用イヤホン! : 音響のまとめ
サウンドアースは、同社が取り扱うDUNUのイヤホン「ZEN(禅)」を2月下旬に発売。オープン価格で、税込79,780円前後での実売が予想。ダイナミックドライバーのハイエンド機として開発したというモデルで、独自のドライバー技術を進化させた「ECLIPSE」を採用しているのが最大

コメント

タイトルとURLをコピーしました