Shanling M6 Ver.21 発表!M6後継機!比較しての違いは?

DAP

ShanlingのDAP新モデル「M6 Ver.21」

中国のShanlingがDAPの新モデル「M6 Ver.21」を本国で発表。価格は569ドル。

Introducing Shanling M6 (21)_Shenzhen Shanling Digital Techno
What is this new version and why are we releasing it?

従来モデル「M6」(499ドル・国内実売価格6万円程度)の後継機。

「M6」の後継機

「M6」に搭載していた旭化成エレクトロニクス製のDACチップ「AK4495SEQ」が、旭化成工場の火災によって、当面供給ができなくなったため、やむなく「M6」も2020年末で生産終了していたことを受けての後継機の発表。

「M6」と比較しての違いも交えながら「M6 Ver.21」の内容を紹介

DACチップが「AK4495SEQ」2基からESS製の「ES9038Q2M」2基に変更になったのが最大の違いですが、そのほかにも結構な違いがあり、DACチップを替えだけということはなく、ほぼ別モデルと言っていい内容になっています。

OSは従来どおりAndroid 7.1ベースですが、32bitから64bitに変更。Android機能を重視する向きには有用な変更なのでしょう。

再生可能ファイルのスペックも向上。PCM系は最大32bit/768kHzで変わりませんが、DSDはDSD256までからDSD512までの対応のアップ。こんなハイスペックのDSD音源をそんなに聴くかは別問題ですが。

また、「M6」では対応していなかったMQA再生にも「M6 Ver.21」は対応。ここを大きなポイントと捉える向きは少なくないかもしれません。

オペアンプも「OPA1612」から「OPA2211」に変更。DACチップを替えるとアナログ系の音も当然影響を受けて変わるので、その対応としてのオペアンプ変更もあるのでしょう。

Bluetooth送信はLDAC, LHDC, aptX HD, aptX, SBC対応。Bluetoothレシーバーとしては、SBC、LDACコーデックをサポートとまずまず。ほかにもWi-Fi対応やUSB-DAC/USB出力機能なども搭載といった基本的な内容は共通でしょう。

ヘッドホン出力は3.5mm径アンバランスに2.5mmおよび4.4mmバランスの3つを搭載。現在ではこれら3つの端子に標準状態で対応できるDAPは珍しくなくなりましたが、従来の「M6」はShanlingでははじめて3つの端子に標準対応したDAPでした。当然この機構も引き継いでいます。

内蔵バッテリーでの駆動時間は「M6」はシングルエンド駆動時で最大12時間、バランス駆動時で最大9時間でしたが、「M6 Ver.21」ではそれぞれ11時間、8時間と1時間ずつ短くなっていますその分ヘッドホンアンプ部が出力強化されているので、音質自体はアップしているでしょう

そのほか、SN比なども含めた両機種の比較表をメーカーが発表していますから、参考にしてみてください(DAP+Shanling)。

なお、ShanlingはM6の上位機的なモデル「M6 Pro」も発売しています。ただ、こちらも旭化成製DACチップを使用しているので、今後の継続的な発売は難しそうです。

SHANLING M6 Pro 高音質化を図ったAndroid DAP! M6と比較しての違いは?
SHANLINGのDAP「M6 Pro」は2020年5月に税込み約8.7万円で発売。Android DAP「M6」をベースに、音質に関わる改良を多数施した上位モデル。両機を比較しての違いを交えながら、「M6 Pro」の内容をご紹介。

4月24日追記:「春のヘッドフォン祭2021 ONLINE」で発表

4月24日に「春のヘッドフォン祭2021 ONLINE」で国内発表されました。発売は5月下旬を予定、価格は税込66,000円前後になるとしています。M6 Proが事実上の上位機種であるとして、それと比較すると、「M6 Proは輪郭がはっきりしていてシャープ、M6(Ver.21)はウォーム調で角が丸く聴きやすいサウンド」であると紹介しています。いずれにしても「M6 Pro」の今後の発売は困難なため、このM6(Ver.21)の販売を推していくことになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました