Unique Melody 3D Terminator 音質レビュー・感想情報も

イヤホン

Unique Melodyのカナル型イヤホン「3D Terminator」

ミックスウェーブは、中国・Unique Melodyのカナル型イヤホン「3D Terminator」を1月29日より発売しています。オープン価格で実売価格は54,890円前後。

ダイナミック型3基という珍しい構成

ユニット構成はダイナミック型3基。低域に7mm複合振動板を搭載した2基と、中高域に10mmカーボンナノチューブ振動板を搭載した1基で構成されています。ダイナミック型3基構成は珍しいところです。

筐体にはスタビライズドウッドを採用。天然木材を着色した樹脂で、染めることで素材ごとに異なる色彩を放ち、世界に1台しかないデザインになるというのが特徴。細かな部分はハンドメイドでの製造とモノとしても凝っています。

筐体はCNC切削加工。また、内部パーツを3Dプリンターによって作成し、ドライバーなどを効率的に配置し、コンパクトに仕上げたとしています。ベントポートの影響による左右のサウンドの差をなくすよう、金属製ベントポートを採用したとしています。

再生周波数帯域は20Hz~20kHz。感度は113dB。インピーダンスは25.4Ω。イヤフォンケーブルは長さ約122cm。入力プラグは3.5mmのミニ端子。Dignis製オリジナルレザーケース、クリーニングツール、イヤーチップなどが付属。

今回のモデルはかなり外見にも力を入れているようです

Unique Melodyはもちろん、音質第一のプロやマニア向けのイヤホンメーカーですが、今回のモデルはかなり外見にも力を入れているようです。実際、本機の外観を賞賛する感想も多く見られます。といっても、本機を外見重視で買うような人はあまりおらず、基本的には高音質なイヤホンをこの価格でも買いたいという人が中心でしょう。

また、外観についてはメーカーが意図しているように一台ずつ異なり、つまり、個体差があります。これを当たり外れがあると捉えると気になってしまう人もいそうです

D型3基という変則的な構成ながら音質は真っ当?

音質についてはだいたい好評で、ダイナミック型3基という高級イヤホンでもあまり主流ではない構成ながら、無難でも珍奇でもなく、ほどよく個性を持った高音質という感じのようです。低域にダイナミック型2基といういかにも低音が出そうな構成ながら、低音が強すぎることはなく、むしろ少し低音が弱いと感じる人がいるほどのようです。

音漏れの少なさと遮音性の高さを賞賛する人もいて、このあたりはさすがにプロ用のモニターを得意とするメーカーならではなのでしょう。

ただ、もっと高価格で高音質なイヤホンがあるというのも確かなようで、価格と音質の両面でやや難しいゾーンに位置しているのかな、という感じも受けます(中華イヤホン+Unique Melody)。

Unique Melody 3D Terminator レビュー情報(個人ブログ)

http://blog.livedoor.jp/legotudor/archives/55449337.html

https://usi-san.blogspot.com/2021/02/06-um3dt.html

Unique Melody 3D Terminator レビュー・感想(ツイッター)

Unique Melody 3D Terminator レビュー・感想を含む2chまとめ

Unique Melody 3D Terminator 3DDで約5.5万円のイヤホン! : 音響のまとめ
ミックスウェーブは、Unique Melodyからダイナミックドライバー3基搭載したカナル型イヤフォン「3D Terminator」を1月29日より発売。実売価格は54,890円前後。低域に7mm複合振動板を搭載した2基と、中高域に10mmカーボンナノチューブ振動板を搭載した1基で構成。筐体にはスタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました