※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。
※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

iFi audio Uno レビュー・音質情報

ヘッドホンアンプ

iFi audio Uno ブランドで最小、かつ最エントリー価格の据え置き型USB-DACアンプ

トップウイングサイバーサウンドグループは、同社が取り扱うiFi audioの小型USB-DAC/ヘッドホンアンプ「Uno」を12月16日より発売しました。価格は14,300円(税込)。

同ブランドで最小、かつ最エントリー価格の据え置き型USB-DACヘッドホンアンプ。外形寸法は88×26×81mmで、質量は92g。USB-C接続で使うバスパワー駆動タイプ。接続はWindows PCやmacOS、スマホ、タブレットに対応。

DACにはESS社“Sabre HiFiシリーズ”のチップ「ES9219MQ/Q」を搭載。iFi audioとしてESSのDACチップを使うのははじめて。最大でPCM 384kHz/32bit、DSD256のフォーマットをサポート。MQAのレンダラーや、TidalのHiFi Plusプランで採用されるハイレゾストリーミング技術にも対応。

フロントの3.5mmヘッドホン出力は211mW(32Ω)/3.5V(600Ω)の出力が可能。3.5mm出力専用ながら、このサイズ・価格でハイインピーダンスのヘッドホン駆動にも対応します。

ヘッドホンアンプには独自のS-Balanced技術を採用し、ノイズとクロストークを低減。ここでも価格を超えた品位を追求。

フロントにはボリュームノブのほか、ゲインを6dB調整できる「PowerMatch」ボタン、EQボタンを装備。EQは音楽/映画/ゲーム用の3モードを選択可能。

背面にはRCA出力を1系統と、信号入力/給電用のUSB-C端子を搭載。本機にはケーブルが付属していないので、Androidスマホなどとの接続にはOTG対応のUSB-C USB-Cケーブルなどの用意が別途必要です。また、PS5やSWITCHには接続できないようです。

小型据え置き機と称していますが、軽量・コンパクトなのでスマホやタブレットと組み合わせてのポータブル用途にも対応できそうです。

iFi audio Uno レビューサイト情報

『評価に困る、改訂』 iFi audio iFi Uno すぽたんさんのレビュー評価・評判 - 価格.com
『評価に困る、改訂』 iFi audio iFi Uno すぽたんさんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・音質・操作性など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。
Uno 専門店スタッフレビュー / e☆イヤホン
イヤホン・ヘッドホンの専門店e☆イヤホンのスタッフによる製品レビュー
【iFi audio Uno 長期レビュー】DAC初心者におすすめ!iPhoneでも使えるPCM384/DSD256対応の小型USBヘッドホンアンプ | たいしょんブログ
iFi audioのエントリーヘッドホンアンプ、iFi Unoのレビュー記事です。USB-DACを初めて買う人におすすめな本格派ヘッドホンアンプです。
https://amzn.to/3YOFsgC

iFi audio Uno レビュー(ツイッターから)

iFi audio Uno 各種レビューから読み取れる傾向

ポータブルや小型のDACに非常に定評あるメーカーによるブランドで最小、かつ最エントリー価格のモデルということで、注目を浴びています。その音質については価格が納得できる、さらには価格を超えるような高品位が実現できているようです。定評と実績のある技術も盛り込まれており、そのメリットも大きいようです。低価格のDACヘッドホンアンプでは気になるギャングエラーもないようで、ギャングエラーの影響を受けやすい高能率のイヤホンユーザーも安心のようです。

iFi audioでは従来バーブラウンのDACチップを多用しており、ESSのチップははじめてのようです。ESSの傾向である、やや硬質なサウンドが反映されているのかは気になるところではあります。

上を見ればキリがありませんが、この価格・サイズ(といってもドングル型DACよりは大きいので音質的にはその分優位でしょう)としてとてもよくまとまっている好モデルのようです。下手にバランス接続も用意しないのも3.5mmで十分というユーザーのコスパを高めることになるでしょう。

コメント