Questyle M15 レビュー・音質情報

DAC

Questyle M15 USBドングル型のDACヘッドホンアンプ

地球世界は、QuestyleブランドのポータブルUSB-DAC/ヘッドホンアンプ「M15」を2022年7月1日より発売。オープン価格で、税込みの実売価格は36,100円前後。

いわゆるUSBドングル型のDACヘッドホンアンプ。ケーブルは本体直出しではなく、ケーブル着脱式なので、ケーブル断線の心配がないことや、好みのケーブルを使えるといったメリットがあります。

外形寸法は81.2×27.2×61.8(幅×奥行き×高さ)。USB-Cケーブル、USB-C to Aケーブルなどが付属。

DACチップにESS製「ES9281AC」を搭載し、最大384kHz/32bitのPCMとDSD256に対応。MQAにも対応。出力側は3.5mmアンバランスと4.4mmバランスを装備。入力側はUSB-C。iOS端末との接続には別売のLightning to USB-CのOTGケーブルが必要ですが、これを使えばiOS端末との接続・使用が可能です(専用のオプション品も別売りで用意)。

対応OSは、Android 5.1以降のスマホ/タブレット、Windows 10 バージョン18.3以降、macOS。

本体にはインジケーターを搭載。サンプリング周波数が48kHz以下の場合は緑色で表示。48kHzを超えるか、DSDの場合は赤色、MQAの場合はマゼンダ色で表示。

1つの電流モードアンプモジュールに2つの電流モードアンプ“エンジン”が含まれており、合計4つの電流モードアンプエンジンを搭載。これにより、より強力な出力と駆動力を備えているという触れ込み。Questyleのラボのテスト環境では、-130dBの超低ノイズフロアも達成したとも謳っています。

Questyle M15と下位モデル・M12を比較しての違いは?

またまた登場したUSBドングル型のDACヘッドホンアンプ。Questyleとしては国内発売済みのM12(2022年2月発売 税込み実売価格約1.7万円)に続くモデルで、価格が約2倍の上位機。

M12もDACチップにESS製「ES9281AC」を搭載し、最大384kHz/32bitのPCMとDSD256に対応。MQAにも対応。一方、イヤホン端子は3.5mmアンバランスのみというのがM15との大きな違い。

独自の「電流モード」アンプテクノロジーもM15のように搭載し、アピールしていますが、M15とはヘッドホンアンプ部の作りとその結果による音質には相応の差があるものと思われます。

M12でも、QuestyleのDAPを彷彿とさせる、滑らかで艶のある魅力的なサウンドが持ち味で、その点が評価され製品の多くなってきたUSBメモリ型DACヘッドホンアンプのなかで、十分に存在をアピールできていたようです。ただ、価格的な制約や3.5mm出力のみということによる限界もあったようです。

M15ではさらにこの上を行くサウンドをバランス接続で楽しめることによって、USBメモリ型DACヘッドホンアンプでもトップクラスの高音質モデルとしてのポジションを狙っているようです。

Questyle M15 レビュー(ツイッターから)

Questyle M15 レビューサイト情報

M15 専門店スタッフレビュー / e☆イヤホン
イヤホン・ヘッドホンの専門店e☆イヤホンのスタッフによる製品レビュー
Amazon.co.jp: Questyle ポータブル USB DAC M15 スマートフォン/PC/Mac対応 最大PCM384kHz/32bit DSD256対応 4.4mmバランス出力対応 ブラック M : 家電&カメラ
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、Questyle ポータブル USB DAC M15 スマートフォン/PC/Mac対応 最大PCM384kHz/32bit DSD256対応 4.4mmバランス出力対応 ブラック Mを 家電&カメラストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました