※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。
※当サイトはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Yahoo!ショッピングなどの各種アフィリエイトプログラムに参加しています。記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が当サイトに還元されます。

FiiO K9 Pro ESS レビュー・音質情報

DAC

FiiO K9 Pro ESS 4/15発売

中国のFiiO(フィーオ)から、据え置き型DAC/ヘッドホンアンプ/プリアンプの「K9 Pro ESS」が、2022年4月15日に、税込み実売価格129,250円前後で発売されました。

従来モデル「K9 Pro LTD」のDACチップが入手困難になったことから、DACチップを「ES9038PRO」に変更したうえで、細部も改良したモデル。

FiiO K9 Pro ESSの内容

「K9 Pro ESS」の内容についてはこちらでもご紹介しています。

FiiO K9 Pro ESS版発表 ES9038PRO搭載 K9 Pro LTDと比較しての違いは
中国・FiiOによる据え置き型のUSB-DAC/ヘッドホンアンプ/プリアンプ・「K9 Pro LTD」のDACチップを旭化成「AK4499EQ」からESS「ES9038PRO」に変更した「FiiO K9 Pro 」ESS版が発表されました。

2021年12月に発売された限定モデル「K9 Pro LTD」の基本内容を踏襲しながら、搭載DACチップをAKM「AK4499EQ」からESS社製フラグシップDACチップ「ES9038PRO」に置き換えたモデル。ES9038PROは、1基あたり8ch分のDAC回路を備えるDACチップとなっており、左右それぞれ1基ずつ配置するデュアル構成を採用。

また、ベース機K9 Pro LTDと比較してS/N比が123dBから129dBへと向上、THD+Nが0.0003%以下から0.00025%以下へと向上。再生最大周波数はPCM 384kHz/32bit、DSD 256(Native)まで対応。

ヘッドホンアンプ回路には、FiiOとTHXが共同で新開発したアンプ回路「THX AAA 788+」を左右チャンネルに1基ずつ搭載。また、最新世代のXMOSチップ「XUF208」と2系統の超高精度水晶発振器を搭載し、デュアル・フェムトクロック構成を採用。

筐体設計についても音質を追求した構造となっていて、オーディオ信号は、I/V変換部、LPFフィルター部、ボリュームコントロール部、バッファーアンプ部、プリアンプ部、アウトプットアンプ部という緻密に設計された6段の回路を経て出力。

ボリュームコントロール機構は、ノブの回転変化量をAD変換した値に基づいてアナログボリュームICを制御して音量調整を行う「ADCボリュームコントロール」を採用。ほか、スマホ用アプリ「FiiO Control App」からの操作にも対応。

DAC複合機のスタンダード的ポジションが期待されるも値上げがきつい?

本機は、10万円クラスの据え置き型DAC/ヘッドホンアンプ/プリアンプといった、いわゆる複合型DACとして、スタンダードなポジションを期待されるモデルです。

残念ながら10万円クラスであった「K9 Pro LTD」からはこのクラスとしては小さくない値上がりになっていますが、FiiO製品の既存モデルも5月以降、これまでより10%ほど値上げされることになっていますので、本機は発売時から値上げがされた状態と見ることもできます。仮に「K9 Pro LTD」が現在発売され続けるにしても10万円は超えるということです。

FiiO K9 Pro ESS レビューサイト情報

『高い買い物の分満足度は高い』 FiiO K9 Pro ESS FIO-K9PROESS 激昂仮面さんのレビュー評価・評判
■最安価格(税込):118,680円 ■店頭参考価格帯:148,500円〜148,500円 ■価格.com売れ筋ランキング:4位 ■満足度レビュー:4.91(11人) ■クチコミ:125件 (※2月18日時点)
FIIO K9 Pro ESS 【FIO-K9PROESS-B】 レビュー一覧 / e☆イヤホン

FiiO K9 Pro ESS レビュー(ツイッターから)

音質については、このクラスのDAC複合機として過不足のない実力機のようです

「K9 Pro ESS」の音質については、このクラスのDAC複合機として過不足のない実力機のようで、とくに情報量の多さを特徴としているようです。いわゆるハイレゾ音源の豊富な情報量や緻密な描写性を楽しめるようです。

ややモニター調のクールな方向性のようでもあり、ふくよかさや厚み、艶やかさといった要素となるとそれほどでもないようです。思い入れや演出を極力排除したスタンダード的な音質のようで、価格帯のりリファレンス的な再現性のようです。

iFi-Audio NEO iDSD(実売10.5万円)あたりが代表的な競合機?

iFi-Audio NEO iDSD(実売10.5万円)あたりが代表的な競合機になるようです。音質面でも、モニター調よりもリスニング寄りの柔らかさに定評のあるiFi-Audioですので、「K9 Pro ESS」とはうまく対照しており、それぞれに良さがあるようです。

他社の据え置き型DACだけでなく、同じFiiO内のDAP「M17」を据え置き使用したときと、「K9 Pro ESS」もどちらが音質が良いのかにネット上などで興味を持っている人がいるようです。これは「K9 Pro LTD」が販売されていたときからある疑問のようですが、同じ据え置き条件下では「K9 Pro」が上回っているということになるようです。それぞれに想定されるメインの使用状況や、かけられているコストの注力部分(M17は当然、小型軽量化や可搬性)も違うので、単純に比較して優劣を決めることもできないでしょう。

コメント