Sonos Roam SLとRoamを比較しての違いは?

オーディオ

Sonos Roam SL ポータブルスピーカー

Sonosは、ポータブルスピーカー「Sonos Roam SL」を2022年3月16日に発売しました。税込み価格は21,800円。

発売中のポータブルスピーカー「Sonos Roam」(23,800円)から、マイクを非搭載とし、価格を抑えたモデル。

Sonos Roam SLとRoamを比較しての違いは

両機の違いは、マイク搭載の有無と、それによる価格差(定価で2,000円)のみ。

それ以外の機能、性能は同一です。

「Sonos Roam」の機能、性能についてはこちらの記事でご紹介していますので、参考にしてみてください。

Sonos Roam レビュー・音質情報
Sonosのバッテリー内蔵型ポータブルスピーカー「Sonos Roam」 米Sonosは、バッテリー内蔵型のポータブルスピーカー「Sonos Roam」を8月30日に税込み23,800円で発売。 Wi-FiとBluetoothに...

Sonos Roam 内容とその存在の簡単な考察

Wi-FiとBluetoothに対応し、軽量で屋内外を問わず使用できるバッテリー内蔵のポータブルスピーカーであるのが基本内容。

Sonos S2アプリやアレクサ、Apple Airlay2などから80以上のストリーミングサービスを利用可能な多機能性も特徴。

いずれにしても、国内メーカーやアンカーなどの海外メーカーのよくあるBluetooth対応ポータブルスピーカーとは見た目は似ていますが、それらとは一線を画する機能性が持ち味のモデルです。

購入ユーザーは本機の機能性を理解したうえで、価格にも納得しているような人が多いので、2千円くらい安くなったからといって、あまり気にするような印象は個人的には受けないのですが…。

Sonosが購入ユーザーの裾野を少しでも広げようという意欲の表れとでも受け止めれば良いでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました